【出産前におくるみのこと知れてよかった!プレママMさんのお話】

おくるみタッチケア

皆さん、こんにちは。

RTA指定スクールつむぎての渡邉香澄です。

今日はおくるみタッチケアのレッスンをやりました。

正直、おくるみタッチケアは久しぶりだったので、最初はは緊張しましたが、始まってしまえば、楽しくレッスンをやることができました。

今回参加していただいたのは、東京都にお住まいのMさんです。現在妊娠7か月のプレママさんです。今月に里帰りで名古屋のご実家に戻られるということで、このゴールデンウィークがチャンス!ということでご参加していただきました。

不安なこと・・・出産がどんな感じなのかが不安です・・・

出産、子育てに対して、不安・楽しみ、出産後のイメージをざっくりとした感じ聞きました。

「うーん、出産が不安です。どのくらい痛いとか。」

出産前の初妊婦プレママさんは出産から出産後のイメージ(聞いておいてなんですが、)なかなかできないですよね。わたしも1人目出産の時は出産するその時まで出産のことや出産後のイメージは中々でできにくいですよね

プレママさんにこそおくるみたっちけを出産前に知ってほしいなと思います。

なぜなら私自身もおくるみがあったおかげで2人目の育児がスムーズに行ったからです。

Mさんの話の前にほんの少しだけ私の話

Mさんの話の前に少しだけ私のおくるみを通しての1人目と2人目の時の出産後の違いをお話します。

1人目の時はおくるみ自体は出産準備品の一つとして書かれていたので、持ってはいました、しかし、使い方もよくわかっておらず結局使いこなせないまま、新生児の赤ちゃんの寝るけど寝ない感じを体験し、一晩中抱っこで揺れ続けました。その当時、背中をベットに着けて寝た記憶があまりありません。

2人目はおくるみを使いドーナッツベットを作りました。一晩中揺れ続けるというようなことはなく、背中を着けて眠れるようになったのです。

特にドーナツベットの威力。背中を丸めるようにして寝かせてあげると本当に寝るようになりました。そしておくるみ。おくるみもまたモロー反射を防げたことや包めまれている安心感もあるからか、眠ってくれるのです。

おかげで2人目の時には帝王切開で産み、腹を切られたことで身体はボロボロでしたが、おくるみやドーナッツベットのおかげで1人目と比べて睡眠はよくとれたと思います。

おくるみタッチケアレッスンのスタート

では話を戻しておくるみタッチケアのレッスンのはなしを始めたいと思います。

話はまず、おくるみとはという部分やおくるみの歴史などについてお話をさせてもらいました。そして次に体感として自裁に身体で新生児の赤ちゃんになりきりおくるみの良さを感じてもらいます

体感でおくるみの安心感を感じる。

やり方としてはまず目をつぶってもらいます。

これは新生児の視力を表現しています。新生児の赤ちゃんはまだ視力が未熟です。

0.02~0.03ほどしかなく、目で見てこれはだれでこれは何でというように判断することができません。

目をつぶった状態でおくるみを触ってもらいます。

おくるみをはじめて触ったときのMさんの触った感想は

「しっとりしてる~」

 そうなんです。しっとりしています。おくるみはコットン100%でできており、すでに水通ししている状態。そして、繰り返し洗うことで生地が柔らかくなるので、しっとり感じたのかもしれませんね。

次にそのまま目をつぶった状態でおくるみを肩からかけます。

包まれていることを感じてもらったのちに、おくるみの上から手でゆっくりをなでていきます。

すると・・・

「うわー!温かい!これは安心感やばい!落ち着く~!」

待ってましたと言わんばかりのありがたいお言葉。

待ってましたと言わんばかりのありがたいお言葉。そうなんです。大人でさえも安心感をバシバシ感じてしまうほどおくるみの肌触りの気持ちよさと人のぬくもりを感じてもらえました。

「全然難しくない!」おくるみを巻いてみる

そして次にドーナッツベットを作り、お人形を使っておくるみで巻いていきました。

お人形相手なので、動かないのですが、だからこそ、繰り返しおくるみを巻く練習をしていたMさん。

これはおくるみタッチケアに参加されるプレママさん特有の特典なのではないでしょうか。

実際に赤ちゃん相手ではないので、赤ちゃんの動く感じや重さやぬくもりは感じにくいのですが、お人形相手だからこそ、巻き方を繰り返し練習できるのが良いでしょうね。

数回巻く練習をしたのちに一言

「全然、巻くの難しくないですね。わたしでも全然できました!」

ありがたい一言。

そうです。巻くこと自体は全然難しくないので、誰でもできるものなのです。

おくるみタッチケアをやる。

そしていよいよおくるみタッチケアを始めます。お人形をおくるみを巻いたMさんはその時点ももう楽しそう。

タッチケアもノリノリでやってくれました。

肌に触れながら声掛けも積極的にやってくれました!

「お人形におくるみ巻いただけでこんなに可愛いんだから本物のわが子の可愛さはどうなっちゃうんでしょう。」

もうおくるみに巻かれたお人形に夢中なMさんでした!

最後は私の生後5か月の次女を抱っこしてもらい、簡単な出産後のイメージを膨らませてもらいました。

旦那さんも連れてくればよかった~!と言ってもらいました。

7月下旬が出産予定日というMさん。コロナがどうなっているのか不安な部分はありますが、無事に元気に赤ちゃんが生まれることを願っています。

出産後の赤ちゃんの写真を楽しみにしています!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA