ベビーマッサージケーススタディ パート①-2

ベビーマッサージセラピストへの道

皆さん、こんにちは!

1月22日に都内に住んでいるHくんのベビーマッサージのケーススタディをさせてもらいました。

今回はその2回目。(ケーススタディは合計3回ベビーマッサージをしていきます!)

※以下、ベビーマッサージをベビマと略します。

前回のベビマ後の様子としては、ぐずることなく素直に寝てくれた様子でした。ベビーオイルの反応もなく肌がしっとりとしていたそうで、ママもHくんも大満足な様子でした!

ベビマは手で圧を加えながらひねりを加えたりしてマッサージをしていきます。なので、血行が良くなるので身体が温かくなります。

赤ちゃんとしては血行がよくなるので、汗をかき運動したかのような疲労感。べビマをして終わった後はぐっすり寝てしまう赤ちゃんは多いのです*

Hくんも前回はぐっすり寝てくれたようで良かったです。

今回のマッサージではママ自身がマッサージに慣れてきたようで歌声も前回よりも大きく楽しそうにしていました。

そんなママの様子をみてHくん自身も楽しそうにしていました。

手技の中で両手をつかんで身体の前でトントンとしたのち、胸を大きく開くようにパーと広げるものがあります。

これは身体遊びのようにできるので、やってあげると喜ぶ赤ちゃんは多いです!

Hくんもまさにこの「トントン、パー」という手技がお気に入りの様子。

とても楽しそうにしていたのが印象的でした☆

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA